便秘に良く効く熊笹のお茶を解析!

便秘に効果があると笹のお茶が注目されています。使われている笹は熊笹といい、イネ科ササ種の植物です。日本では身近な植物であり、主に料理の飾りとして使用されることが多いです。例えば、お寿司の飾りや笹団子の笹として使用されています。飾り以外にも過去には、漢方に用いられたこともあります。熊笹には、鉄やカルシウムなどのミネラル以外にビタミンC、B1B2という便秘解消には効く栄養素が含まれています。この笹のお茶は、便秘解消以外にも様々な病気の予防が期待できます。
それは糖尿病や高血圧の予防、肝臓の活性化などがあります。これらの予防や活性化だけではなく、タバコやニンニク料理などが原因の口臭も予防してくれます。便秘以外にも効能があるお茶の作り方を紹介します。
クマザサ茶の作り方は、簡単です。まず笹の黄色いところの葉を取って、6枚以上10枚未満に重ねて縦に切りましょう。その後は、1つの大きさが1センチほどになるようハサミを使って切ります。切り終わったらフライパンや鍋が煎ります。このとき、小さな虫がくっついていた場合は取ってください。煎った後はいつも通りの方法でお茶を沸かします。作り方は以上です。ホットでも冷たくしても美味しく召し上がれます。
近年、このようにパンダの食用以外でも使用する機会が増えた熊笹は青汁やパウダーの材料として配合されることが多いです。飲みやすくするように苦味を薄くしたり、成分を加えたりと技術操作されていることが多いです。